LINEの使い方

便利な使い方

ゲーム、読書、睡眠の邪魔はもうされない!LINEの上手な通知設定

●今だけ何も知らせないで・・!

スマホのゲームでハイスコアを狙っている時、友達からLINEのメッセージが来て、ゲームの動作がカクカクしたりアプリが落ちたり・・。そんな時はどこに怒りをぶつけて良いか分からないですよね。読書に集中したい時や、眠りに入ろうとしている時などもまたしかり。

そこで「ゲーム中だからメッセージ送らないで!」なんて友達に言ってはダメ。ゲーム中以外でもメッセージを送ってくれなくなるかも知れません。

友達に八つ当たりしてしまう前に、活用できる機能があるんだよ!
それが『一時停止』機能だ!

●LINEの『一時停止』って?

この機能は、”一時的にLINEの通知をオフにする”というもの。停止時間は「一時間」か「午前8時まで」か選べます。

ただ、この機能はLINEの通知のみにしか作用しません。LINE意外のアプリの通知を一時的に止めたい場合は、iPhoneなら本体の『おやすみモード』が活用できます。Androidの場合は、機種によってこの機能があるものと無いものがあります。無い場合は『Sweet Dreams』というアプリが便利です。(LINEとは関係ないアプリです。)

LINEの『一時停止』はドラクエでいうところのラリホーだね!iPhoneの『おやすみモード』はラリホーマだ!スマホゲームを邪魔されたくない時は、ゲームを始める前にちょちょっと呪文をかけちゃおう!

●LINEの『一時停止』を使う!

1.LINEを起動させ、その他>設定>通知 まで進みます。

convenient_6_1convenient_6_2

2.通知の方法を色々と設定する画面です。ここの上から2番目に「一時停止」があります!タップしてみましょう。
convenient_6_3

3.「1時間停止」か「午前8時まで停止」のどちらかが選べます。用途によって使い分けましょう。試しに「1時間停止」をタップします。
convenient_6_4

4.自動で通知の設定画面に戻り、停止までの時間が表示されました!3.でタップした時間からぴったり1時間後が表示されています。この時間まで、友達や公式アカウントからメッセージが届いても、通知がされることはありません。停止時間が過ぎると、『一時停止』はオフ(通知アリ)の状態に戻ります。
convenient_6_5

あくまで「通知」を止める設定だから、メッセージはちゃんと届くよ!分単位や一時間以上で通知をオフにしたい場合はiPhoneの『おやすみモード』を使おう!

●iPhoneの『おやすみモード』を使う!

iPhoneの『おやすみモード』は着信やインストールしているアプリ全ての通知を一時的にオフにできる機能です。オフにする時間は分単位で自由に設定できます。
※iOS6以上が必要です。

1.設定(歯車アイコン)をタップし、設定画面に行きます。すぐに『おやすみモード』が確認できますが、まずはその下の『通知』をタップします。
convenient_6_6

2.ここで『おやすみモード』を詳しく設定します。『おやすみモード』をタップすると・・
convenient_6_7

3.「時間指定」ができる画面になります。初めは”オフに”なっているので、これを”オン”にします。すると、時間を設定するバーが出てきます。ここをタップしましょう。
convenient_6_8

4.通知をオフにする開始時間と、終了時間を設定する画面になりました。分単位で設定ができるので、アラームをセットするようにそれぞれ設定しましょう。設定を終えたら、左上のボタンをタップして、1.の設定画面まで戻ります。
convenient_6_9

5.ここで『おやすみモード』を”オン”にします。『おやすみモード』をオンにすると、時計の横に”お月さまマーク”が表示されるので、設定画面を閉じても状態が確認できます。
convenient_6_10

一度時間帯を設定したら、『おやすみモード』を”オフ”にしても今度ここを”オン”にするだけで、設定した時間帯がいつでも通知オフになるんだ!これでもうゲームも睡眠も邪魔されないよーーー!!

(情報は2013年8月15日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント