LINEの使い方

基本的な使い方

『グループ』と『グループボード』を楽しむ!-スマートフォンの場合

『グループ』ってどんなもの?

●大人数でわいわいトークができる!

LINEの会話ツールである『トーク』。『トーク』とはいわゆるチャットのようなもので、1つの画面上で友だちとポンポンやり取りができる機能です。『トーク』は基本、1対1で利用しますが、その『トーク』を複数で一緒に楽しむのが『グループ』なのです。

●『グループ』の良いところ♪

『グループ』は自分でいくつでも作ることができます。[友だちリスト]に登録している人を”家族”や”学校”、”サークル仲間”や”会社の同僚”などに分けて招待し、一斉に伝えたい連絡や「あけましておめでとう」といった年賀メッセージなどを送るときにとても便利です。

なお、『グループ』は自分で作成したものでも、グループ名含む管理などはすべて参加者と共有されます。★詳しくはこちらの記事でチェック!★
LINE『グループ』の正しい作り方!-スマートフォンの場合

連絡網がわりに使えるってことだね!メールだと誰かが軸になって話を回すことになるけど、『グループ』だとみんな一斉に会話できるから話がまとまりやすいんだ!

●メールよりもチャットよりもがぜん便利!

『グループ』はトークを複数で楽しむという機能なので、出来る機能はトークと同じ。自分が送ったメッセージをグループメンバーが読んだ際には「既読」がついたり、絵文字や「スタンプ」はもちろん、画像や動画、現在位置なども送れるのです。ただ、「既読」は読んだ人の数のみが表示されるので(一人読んだら「既読1」、七人読んだら「既読7」など)”誰が読んだか・読んでないか”はわかりません。

●大事なことは『ボード』に載せよう!

『グル―プ』はメンバーが多いと、トークが進むスピードも速くなります。メンバーが少なくても、あるメンバー同士が会話をずーっと続けたり、一人でメッセージを連投するメンバーもいるでしょう。その場合、「これだけはみんなに見て欲しい大事なこと!」という連絡や画像が流れてしまい、その時トークに参加しなかったメンバーに伝わらないことがあります。
そんな時に使えるのが「ボード」です。「ボード」はグループごとに用意されており、共有したい話題や画像を個別に投稿することができるのです。

group_1     group_2

group_3     group_4

ボードは投稿ごとに「いいね!」や「コメント」がつけれるんだ!画像や話題を中心に会話が広げられるから、きっちり確認をとりたい時とか流れて欲しくない話題は「ボード」を活用しよう♪

(情報は2013年6月5日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)(情報を2013年7月3日に更新しました。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント