LINEの使い方

LINE Creators Market講座

,,,

iPhoneで作る!LINE販売用スタンプの作り方.2-お絵描き編

アプリ「Adobe Ideas」でスタンプ用イラストを描くよ!

●お絵描き講座スタート!

LINE Creators Marketに出品するためのスタンプ作り。当サイトでは、iPhone1つでスタンプをゼロから作り上げる方法を紹介しています。前回の大まかな作成の流れはご覧いただけましたか?

それでは、いよいよ実践してみましょう!
このページでは、「線描き・色塗りをスマホのお絵描きアプリでする方法」と題して、

・1.紙に下書き用のイラストを描く。
・2.イラストをスマホのカメラで撮る。
・3.『Adobe Ideas』でイラストを描き、保存する。
をご紹介します。

lcm_3_0

前回の作成の流れで紹介したアプリはダウンロードできたかな?そいじゃ~紙とペンとスマホを持って、はじまりはじまり~☆

●1.紙にスタンプ用の下書きをしよう!

★サイズ合わせの枠を作ろう!
スタンプのサイズはガイドラインによると、最大で「H(タテ)320×W(ヨコ)370pixel」と決まっています。”pixel”って聞き慣れない単位が出てきましたね。”cm”で直すとどれくらい…?と考えてしまうところですが、それについては考え不要。タテヨコの比率さえ同じであればどうにでもなります。

タテ320×ヨコ370。比率は約1:1.15です。タテ4cmならヨコは×1.15で4.6cm。4×4.6cmの四角い枠を作り、その中にきっちり収まる大きさで描けばOK!また、ミリ単位の多少の誤差があっても大丈夫。比率が1:1.15になればOKなので、描きやすい大きさの枠を作りましょう。

お手本では、タテ5.5cm×ヨコ6.3cmの枠でイラストを描いてみました。
lcm_3_1

枠は定規で丁寧に描かなくても良いよ!フリーハンドでもOK♪ちょっと横長の正方形を描く気持ちで、これくらいの大きさの枠を描いてね。

●2.イラストをスマホのカメラで撮ろう!

イラストの撮影はスマホのカメラでOK。ゆがみに気をつけてキレイに撮ってくださいね。

●3.『Adobe Ideas』でイラストを描こう!

1.Adobe Ideasを起動させ、ここをタップ。
lcm_3_2

2.「フォトライブラリ」をタップして、アルバムから下書き用に作った写真を選びます。
lcm_3_3

3.下書きが出てきました!いざお絵描き…の前に、輪郭線を描く準備をします。「レイヤー」アイコンをタップしてください。
lcm_3_4

4.「写真レイヤー」と「描写レイヤー」とありますね。「写真レイヤー」が下書きです。「写真レイヤー」をタップして出てくるバーを左に動かしてください。下書きが薄くなり、線がなぞりすくなりました。
lcm_3_4_0

続けて、「描写レイヤー」をタップしましょう。描くときは必ず「描写レイヤー」に描きます。「写真レイヤー」には絶対に絵を描かないよう注意してください。下にバーが表示されているレイヤーが選択中のレイヤーです。「描写レイヤー」をタップしたら、「レイヤー」アイコンをタップして表示を畳んでください。
lcm_3_4_2

5.輪郭線の色を決めます。「カラー」をタップして黒を選びます。
lcm_3_6

6.線の太さを決めます。「サイズ」をタップして好きな太さに調整してください。細すぎると背景の切り取りがうまくいかないので、4.0以上が良いですね。これで線画の準備が整いました!
lcm_3_7

7.さあ、描写です!線がなぞりにくいなと思ったら、画面を指で広げてください。描きやすい大きさにズーム出来ます。線と線は隙間を作らないようキレイに繋げてくださいね。
lcm_3_8

8.線がうまくなぞれなかったら「戻る」アイコンをタップ。タップするたびに1つ前の手順に戻れます。
lcm_3_9

9.「戻る」をやり直したいときは「進む」をタップ。タップするたびに1つ後の手順に進めます。
lcm_3_10

10.そうして出来たのがこちら!線画ができたら次は色塗りです。その前に、もう一度「レイヤー」アイコンをタップしましょう。
lcm_3_11

11.ここをタップしてください。線画のレイヤーのコピーが作られます。苦労して描いた線画はこうしてコピーしておくと何かと便利です。色塗りを最初からやり直したいとき、表情だけ変えたいときなど、このコピーを使えばOK。コピーを使う際は、同様にコピーのコピーを作っておきましょう。
lcm_3_12

12.さて色塗りです。右上の「ツール」アイコンをタップし、左端にあるバケツの「塗りつぶしツール」をタップします。色はこれで一気に塗っていきます。
lcm_3_13

13.「カラー」をタップし、下の矢印をタップします。
lcm_3_14

14.LINEクリエーターズマーケットはカラーモードが「RGB」と指定されているので、「RGB」を選択します。タップしたら、「R」「G」「B」の3つのバーを好きなように動かして、色を作ってください。
lcm_3_15

15.色が決まったら、塗りたいところを直接タップします。もしもこのようにペンキがこぼれる表示が出た場合、何度タップしても塗りつぶしはできません。どこか輪郭に隙間があるためです。隙間を埋めて、もう一度タップしてみてください。
lcm_3_16

16.色塗りが完了しました!それでは、下書きはもう不要なので隠してしまいましょう。「レイヤー」アイコンをタップしてください。
lcm_3_17

17.「写真レイヤー」(下書き)の左のチェックボックスをタップして、チェックをはずします。これで、レイヤーが見えなくなります。ごみ箱に捨てても良いですが、一度削除すると「戻る」を押しても元通りにならないので注意してください。
lcm_3_17_2

18.スタンプのイラストが完成しました!画像をアルバムに保存しましょう。この「共有」アイコンをタップして…
lcm_3_18

19.「共有する」をタップ。
lcm_3_19

20.「画像を保存」で終了です♪
lcm_3_20

おつかれちゃ~ん!上手にできた??次は作った画像のサイズをクリエーターズマーケット用に調整するよ!Adobe Ideasを閉じて『Brushes 3』を起動させるのだ~!!⇒iPhoneで作る!LINE販売用スタンプの作り方.3-サイズ調整・背景透過編

(本サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載・二次利用は禁止しております。)
(情報は2014年4月23日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント