LINEの使い方

LINE camera(ver6.0.0~)講座

,

【新】LINE cameraの使い方徹底マニュアル!編集モード実戦編(上)

じっくり説明しよう!新LINE cameraの編集方法!

●LINE cameraのプロになれる♪

写真の加工が楽しい『LINE camera』!バージョンアップにつれ、新しい機能が増えました。進化が止まないスマホアプリLINE cameraですが、すべての機能は使いこなせていますか??

このページでは、「LINE camera(ver6.0.0~)の編集モードで出きること(上)」をLINE cameraのアイコンと共にじっくりご紹介します♪

意味がわからなかった機能もここを読んだらカンペキ!「な~るほどね~」って言いたくなるよ★

●LINE camera(ver6.0.0)編集スタート!

LINE cameraを起動させ、「カメラ」から写真を撮ります。または、「アルバム」から加工したい画像を選択し、「編集」に進みます。

1.編集モードの初めの画面です。左下の「Fx」というアイコンが選択されている状態から必ずスタートします。まずは右上にある3つのアイコンから見ていきましょう。
★アイコンの機能についてはこちら!⇒【新】LINE cameraの使い方徹底マニュアル!編集モード解説編

lc2_use3_1

2.左の「グリッドアイコン」をタップすると、グリッド線が表示されます。グリッド線は被写体の位置を調整するときのガイドとなる線です。画像を中央にしたい場合などはこれを表示させて、位置を確認しましょう。もう一度アイコンをタップすると、グリッド線は消えます。

lc2_use3_2

3.グリッドアイコンが押されている状態だと、画像をずらすこともできます。斜めにしたり、ピンチアウト(2本の指で画面を押し広げる)で拡大・縮小もできます。元に戻したいときは「リセット」をタップ。

lc2_use3_3 lc2_use3_4
「グリッドアイコン」は画像そのものの大きさ・位置が変えられるから、写真をわざわざ撮り直さなくっていいんだよ★

4.お次は「回転アイコン」です。タップするたびに画像が回転します。

lc2_use3_5

2回、3回とタップした状態です。

lc2_use3_6 lc2_use3_7

5.右側にあるのは「左右反転アイコン」です。タップすると画像が左右逆にひっくり返ります。(この画像は回転アイコンを1回タップしたあとに、左右反転アイコンをタップしたものです。)

lc2_use3_8

6.次は、右下にある「詳細アイコン」を見てみましょう。

lc2_use3_9

7.「詳細アイコン」は、編集する画像の「明るさ」「コントラスト」「彩度」が細かく調整できるアイコンです。中央の丸いボタンを左右に移動させることで、それぞれの効果が出ます。

lc2_use3_10

8.例えば、中央のボタンをすべて右にずらすとこんな感じに。光を当てたようにぺカーッとした画像になりますね。

lc2_use3_11

9.効果のバランスを見つつ、それぞれのボタンを左右にずらした場合です。なお、「詳細」は、画像の色や光量によって効果のバランスも変わるので、この画像と同じボタンの位置にしたからと言ってかならず同じ色合いになるとは限りません。

lc2_use3_12

「詳細アイコン」の効果について詳しく知りたい人はこちらをどうぞ!⇒暗い写真を明るくカフェ風に変身させる方法!(後編)-LINE camera
※バージョンアップ前の記事なので、アイコンと表示のデザインは違いますが、効果は同じです。この記事の「2.」を参考にしてみてください。

編集モード実戦編(上)は以上!実戦編(中)では下の5つのアイコンを実戦で解説するよ~!次のページへGOGO!

(情報は2013年12月13日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント