LINEの使い方

LINE camera(ver6.0.0~)講座

,,

LINE cameraで美しくなれる★ビューティ機能の麗しい使い方(後編)

美しさは万華鏡!自由自在に変化できるビューティ機能…☆

●蝶のように艶やかに蜂のようにサイズアップ

残念な写真を美しく仕上げるため、「LINE cameraのビューティ機能の使い方」についてご紹介しています♪(後編)となるこのページでは、次の機能についてご紹介します。

・顔や目や体をもっとスリムに、もっと大きくする方法!
(タッチ補整アイコンの使い方)

・ニキビやクマを隠す方法!
(スキンケアアイコンの使い方)

・肌の色を健康的にする方法!
(色調アイコンの使い方)

【おまけ】
・修正した写真を自然にみせるコツ

あなたの魅力をより引き出すために、ぜひ参考にしてみてくださいね!

肌を明るくしたりなめらかにする方法がわかる(前編)はこちら!⇒LINE cameraで美しくなれる★ビューティ機能の麗しい使い方(前編)セットで読んでね!

 

●顔や目や体をもっとスリムに、もっと大きくする方法!

★タッチ補整アイコンの使い方
タッチ補整」アイコンは、自動で修正される「顔アイコン」や「目アイコン」に満足がいかないときに活用できます。直接タッチした箇所がスリムになったり、ボリュームをつけられたりできるのです。顔はもちろん、全身の写真を修正するときにも使えます。まずは「スリム」を使ってみましょう。

lc2_use6_1

スリム」は顔や体を細くできるアイコンです。画面に指を置いてスライドした方向に向かって、細くなります。実行すると左上にプレビューが表示されるので、細かい箇所でも変化が確認ができます。

lc2_use6_5 lc2_use6_6

 
(画像左)フェイスラインを細くしたいときは、頬骨のあたり(緑色の○部分)からアゴに向かってスライドさせると良いです。2~3回繰り返すと、かなり細くなります。(画像右)この機能は指を置いたところから画像を引っ張るという仕組みになっているので、口角を上げたりすることもできます。タップする回数だけその箇所が引っ張られるので、口をこんなに大きく見せることもできます。修正が終わったら「完了」をタップしてください。

lc2_use6_7 lc2_use6_8

 
次は「目の拡大」です。目をタップすればタップする分だけ、大きくなります。

lc2_use6_2

(画像左)右目(こちらから見て左)だけを数回タップしてみました。ぐんぐん大きくなっていくので面白いです。(画像右)左目も大きくするとこんな感じに。どちらの目も、まだまだ大きくできます。気の済んだところで「完了」をタップしましょう。

lc2_use6_9 lc2_use6_10

 
次は「ボリューム」です。ボリュームは、顔や体をふっくらさせたいときに使えます。

lc2_use6_3

(画像左)タップすると、その箇所がどんどん膨らんでいきます。これで思いっきり顔をふくよかにさせることができますが、やり過ぎると目や鼻が圧迫されてしまいます。(画像右)顔だけでなく、髪を広げることもできます。しかし、見ての通り「ボリューム」は、ねんどのように押した箇所が回りに広がることで太く見せる仕組みになっているので、やり過ぎるとぼこぼこ殴られたようになります。適度なところで「完了」をタップしましょう。

lc2_use6_11 lc2_use6_12

 
タッチ補整のラストは「小鼻」です。鼻を細くしたり小さくみせたいときに使えます。

lc2_use6_4

「小鼻」はタップした箇所が小さくなるようになっています。タップした箇所に向かって吸い込まれるように小さくなるので、やりすぎるとしぼんだように小さくなってしまいます。「適用範囲」や「適用強度」を調整して、イイ感じに仕上げたら「完了」をタップしてください。

lc2_use6_13 lc2_use6_14

 

●ニキビやクマを隠す方法!

★スキンケアアイコンの使い方
ニキビやクマに悩むお年頃に便利!「スキンケア」アイコンは、できてしまったニキビやクマを一瞬で消してくれます。まずは「ニキビ」アイコンを見てみましょう。

lc2_use6_15

こちらの女性、見事にニキビがないので代わりに耳のピアスを消してみます。「ニキビ」アイコンはタップした箇所の色をぼかす仕組みになっています。これが消えたように見える仕組みです。消す時は、画像をピンチアウト(2本指で広げる)で拡大してからタップするとやりやすいです。左の画像がタップする前、右の画像がタップした後です。

lc2_use6_17 lc2_use6_18

 
この通り、「適用範囲」と「適用強度」を大きくして実行すると、1タップで消えます。消え過ぎる場合は、「適用範囲」や「適用強度」を小さく設定してタップしましょう。

lc2_use6_19

続いては「クマ」アイコンで目のクマを消します。

lc2_use6_16

こちらの女性はクマではなくアイシャドーですが、クマと思って消してみます。「クマ」アイコンはタップしたところが白粉をふったように白くなるので、クマが消えたように見えます。消す時は、画像をピンチアウト(2本指で広げる)で拡大してからタップするとやりやすいです。左の画像がタップする前、右の画像がタップした後です。

lc2_use6_22 lc2_use6_21

 
この通り、片方の目と比べてみても一目瞭然。自然にクマ(シャドー)が消えました!なお、クマの色が濃い場合は、ここまで消すのに結構根気が要るので頑張ってください。

lc2_use6_20 

●肌の色を健康的にする方法!

★色調アイコンの使い方
ビューティ機能の最後のアイコンは「色調」です。「色調」では画像の「カラー」「彩度」「コントラスト」を調整することができます。まずは「カラー」と書かれているバーをいじるとどうなるのか見てみましょう。

lc2_use6_23

カラー」は肌をあたたかく健康的に見せたいときに使えます。また、クールな雰囲気を出すこともできます。(画像左)真ん中の丸いボタンを右に移動させると全体にオレンジ色がかかり、肌の血色がよくなります。(画像右)やや青よりに調整すると、ほんのりとした肌色になります。

lc2_use6_24 lc2_use6_25

 
(画像左)ボタンを左に移動させると、全体に青色がかかり、クールな雰囲気になります。(画像右)ややオレンジよりに調整すると、嘘っぽい青さが抜けて自然なクール系に仕上がります。

lc2_use6_26 lc2_use6_27

 
彩度」は全体の色を鮮やかにしたいとき、または発色を抑えたいときに使えます。(画像左)真ん中の丸いボタンを右に移動させると全体の色が強くなり、写真が鮮やかになります。(画像右)ボタンを左に移動させると全体の色を落とし、モノクロに近くなります。

lc2_use6_28 lc2_use6_29

 
コントラスト」は色の強弱をハッキリさせるとき、またはぼかすときに使えます。(画像左)真ん中の丸いボタンを右に移動させると、写真の中の暗い部分と明るい部分がそれぞれ強調され、パッキリとした写真になります。(画像右)ボタンを左に移動させると色の強弱がなくなり、のっぺりとした写真になります。

lc2_use6_30 lc2_use6_31

 
この3つのバーを調整すると、自分の好きな色合いの写真にすることができます。

lc2_use6_32

ビューティー機能の基本の使い方は以上!こっからはビューティー機能で修正した写真を自然に見せる技をおしえちゃうよ~★

 

●修正した写真を自然にみせるコツ

肌をなめらかにしたり目を大きくしたり、色々と修正したときにどうしても修正箇所が目立ってしまう…。そんなときは、写真にフィルターをかけてみましょう!ビューティー機能は通常の編集も出来るようになっており、フィルターをかけたりスタンプを貼ったりすることができます。

フィルターをかけると、写真全体の雰囲気を丸っと揃えてくれるので、自然な仕上がりになるのです。どれくらい自然になるのか、2つの写真を比べてみましょう。”befor”が元の画像です。”after”では肌を滑らかにし、目を大きくして鼻を小さくさせたのち、フィルターをかけています。こちらは「セピア」をかけた場合。

lc2_use6_35 lc2_use6_33

 
こちらは「ヴィンテージ」をかけた場合です。実際にこんな女性がいるのでは??というくらいに自然ですよね。

lc2_use6_35 lc2_use6_34

 
ビューティー機能で美しくした写真にはスタンプをペタペタ貼ってカードにしちゃいましょう!まるでモデルになったかのような気分になれますよ♪♪

lc2_use5_last

元からチャーミー&クールなボクには関係ない機能だけど、変身できるのはおもしろそうだね!!駆使するとアニメキャラみたいにもなれるかも…?!lc2_use6_last

(情報は2013年12月19日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント