LINEの使い方

旧:LINE camera講座

,

簡単♪LINE camera自作スタンプの作り方!-初心者向け★(前編)

むずかしい操作は一切なし♪誰でもできる作り方!

※情報を2014年4月25日に更新しました!
LINE cameraのバージョンが6.0.0以上の方はこちらの記事をどうぞ!【新】もっと簡単♪LINE camera自作スタンプの作り方!お手軽ver

★LINE Creators Market用のスタンプ作成方法はこちらからどうぞ!iPhoneで作る!LINE販売用スタンプの作り方.1-作成の流れ編

●自作スタンプを作ってみよう★

写真にスタンプを貼ったり手書き文字が描けるLINE camera。アレンジが楽しいLINE cameraですが、自分でスタンプが作れる機能があることを知っていますか?あらかじめアプリに入ってるスタンプや新鮮な有料スタンプも楽しいですが、自分でオリジナルのスタンプが作れたらもっと楽しいはず♪友達と差をつけること間違いなしです!

今回はLINE camera初心者でも必ず作れるようになる「簡単なLINE camera自作スタンプの作り方」をご紹介します。しかも、コツさえ覚えてしまえば短時間でオリジナルスタンプがたくさん作れてしまいますよ★

イラストが得意な方はもちろん、LINE camera好きの方、自作スタンプに興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

lcjs_2_0

キーワードは「むずかしい操作はしない」だよ♪必要な道具は自分の指だけ!あっという間に出来ちゃうから試してみてね☆

1.それでは、今回はこのスタンプを作ってみましょう。実際に手書きで描くところは、まんなかのクマのイラストだけです。lcjs_2_1

2.(1)まずLINE cameraを起動させ、[・・・]をタップし、(2)出てくるアイコンの一番上をタップします。lcjs_1_1

3.何やら色のあるシートがいくつか出てきましたね。ここはカード風の写真を作ったり、背景として使えるデザインのシートがあるところなのですが、スタンプを作る上では下敷きとして使います。(1)グレーのシートが何かと便利なのでこれを選択し、(2)[編集]をタップ。lcjs_1_2

4.スタンプを作るメイン画面が表示されました。まずは、クマのイラストを描くので(1)ブラシアイコンをタップし、さらに表示される(2)のブラシアイコンをタップ。lcjs_2_4

5.スタンプの顔になるイラストです。スタンプを簡単に作るために、これからイラストを「パーツ」で描いていきます。つまり、「あたま」「みみ」「目」「鼻」など、それぞれを描いていきます。どこを描いているのか分からなくなったら、ここを見てくださいね。lcjs_2_5

6.まずはブラシの大きさを決めます。けっこう大きめを選ぶと、色を塗るのに楽です。ブラシの大きさを決めたら、横の「Style」アイコンをタップして、茶色を選んでくださいね。
lcjs_2_6

7.(1)最初はクマのあたまの部分です。目や鼻はこの上に乗っけるように描いていきます。おまんじゅうを描くように塗っていきましょう。(2)いいかんじに出来たら「OK」をタップ。
lcjs_2_7

8.「ブラシで絵を描いて「OK」をタップする」と、枠ができるようになります。この枠が出来ると、枠で囲まれた部分を大きくしたり小さくしたり、一気に消したりできます。これは「枠の中の部分が編集できる状態」ということです。(1)枠は枠以外の部分をタップすると消えるので、枠以外をタップしてください。(2)枠が消えたら、ブラシアイコンをタップ。
lcjs_2_8

9.(1)次はクマの耳です。正確な丸じゃなくて良いのでくるるっと描いてみましょう。また、描くのは片耳だけで良いです。(2)できあがったら「OK」をタップ。
lcjs_2_9

10.またまた枠が出てきましたね。8と同じように、枠以外のところをタップして枠を消してください。
lcjs_2_10

11.枠を消したら、耳を描いていない方の部分をタップしてみてください。なんと、9で描いた耳がコピーされて出てきました。9と全く同じ丸なので、このままでは不格好。(2)の矢印を押したまま耳を回転させて、位置を調整してください。途中で枠が消えてしまっても大丈夫!枠は動かしたい部分を長押しすると再び表示されます。lcjs_2_11

12.耳ができたらブラシアイコンをタップ!次はクマの目を描きます。
lcjs_2_12

13.(1)まずは白目の部分を描きます。ここでは黒目は描かず、また、白目も片方だけで良いです。描けたら(2)の「OK」をタップ!
lcjs_2_13

14.(1)耳のときと同じように、一度枠を消して、描いてない方の部分をタップしてください。白目がコピーされて出てきました。なお、今まで「OK」をしてきたパーツはいつ何度でも使えるように保管がされています。(2)のブラシアイコンをタップして・・
lcjs_2_14

15.スタイルアイコンをタップしてください。
lcjs_2_15

16.(1)時計アイコン(履歴アイコン)をタップし、(2)下の方を見ると「My Stamps」として、今まで描いては「OK」してきたパーツ達が保管されています。操作の途中でパーツが消えてしまった時はここから呼び起こすことができるので、新たに描き直す必要はないのです。
lcjs_2_16

どうだい?イラストは描けてるかな??あとは黒目と鼻とくちを描いたら完成だよ!後半もスタンプを作るときのコツがいっぱいあるから最後まで見てってね!

(本サイトに掲載されている文章・画像等の無断転載・二次利用は禁止しております。)
(情報は2013年6月17日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)(情報を2014年3月10日に更新しました。)(情報を2014年4月25日に更新しました。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント