LINEの使い方

セキュリティ対策!

そろそろパスコードロックが必須?悪の手からLINEを守る方法・1

自分防衛対策!悪の手からLINEを守る方法

●普及と共についてくる影・・

驚異的な早さで利用者が増えているLINE。LINEを始めたのは少し前なのに、あっという間に操作に慣れたという人もたくさんいるでしょう。そこで危険になるのが、他人のLINEをちゃちゃっと操作できる人も増えることです。ちょっと席を離した隙や、どこかに携帯を忘れてしまった際など、そう悠長に構えていられなくなるほど、LINEは普及しています。

とくに怖いのがメールアドレス」と「パスワード」が人の手に渡ることです。
この2つは、PC版LINEのログインや、機種変の引継ぎ(LINEアカウントの引継ぎ)の際に必要なものです。逆に言うと、この2つが人の手に渡ると、PC版LINEのログインや、LINEアカウントの引継ぎが、他人に出来てしまうようになるのです。

ひぃぃぃぃぃガクガクガク!みんなが簡単にLINEを操作できるようになったら、トイレもおちおち行けなくなるの??

●「パスコードロック」を活用しよう!

iPhoneもAndroidも、スマホには他人が簡単に操作できないよう鍵をかける機能「パスコードロック」がついています。これはスマホ本体にある機能ですが、LINEにもアプリ自体に鍵をかける機能があるのです。これを設定すると、LINEを起動する際はパスコードを入力しないと動かないようにすることが出来ます。

パスコードロックをかける方法
1. LINE>その他>設定>プライバシー管理>パスコードロック に進み、「オフ」を「オン」にする。
security_1
 
 
2.(1)数字4ケタを設定する画面になる。人に簡単に知られない&自分で忘れない4ケタの数字を入力する。(2)確認のため、(1)で設定した数字を入力する。
    security_2  security_3
 
 
3.入力フォームがスーッと下がったら設定完了!パスコードロックが「オン」になっているのを確認し、LINEを終了させてみましょう!そしてLINEを起動させると、パスコード入力が必要な画面が必ず現れるようになります。
    security_4  security_5

これで安心だね!今度はパスコードを忘れないようにしないとね!にしてもパスコードロックっていちいち面倒・・。メアドやパスワードを守るのってそんなに大事なのかね?どんなことが起こるのかこの記事で見てみよう!⇒アップデートとパスワード変更で頑丈に!悪の手からLINEを守る方法・2

(情報は2013年6月21日現在のものです。仕様は変更になる可能性があるので、予めご了承ください。)

この記事をソーシャルブックマーク・ミニブログへ登録する

コメント